オーストラリアで家賃収入生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日何気なくつぶやいたこの妄想にいろいろと反応を頂いたので、妄想で終わらせないようにもう少し深く考えてみたほぼ自分用メモです。

家賃週500ドル程度の物件を3軒と書いたけど、合計1500ドルぐらいになればいいかな。

400と450と550とか。

自分たちが400のところに住めば1100残るし、550のところに住めば950しか使えない。

税金とか諸経費も考えないといけないからほんとざっくりの計算。

これが実現するころには子供たちも独立しているのではないかと思うので、夫婦二人の生活費って感じ。

週1000ドルはグロスで年間52000ドル。

経費としては、(Quarterly) ローンを払い終えてるとすれば、

Council Rate 400

Water 200

Strata Levy 650

1戸当たり年間5000ドルぐらいで想定。自分が住む家は除いて経費は10,000ドルぐらいかな。

あとは不動産屋に払う管理費(家賃の6%として年間3120ドル)

修理にかかるお金やら空室のことも考えてさらに3000ドル弱ぐらいとすると

残り36000=月3000ドル=225000円(豪ドル=75円換算)てことで、家賃を払わなくてよければ我が家は夫と二人なら十分かなと。

税金も払わなくちゃいけないけど、二人分での収入が36,000ドルなら半分ずつで18,000ドル。

今の法律ならば18200ドルまでは所得税は0%。

3戸の家(アパート)を取得する費用は

表面利回り4%だとすると、年間家賃 500 x 52w=26,000 で1戸当たり650,000ドル

3戸で1,950,000ドル、約2ミリオンか。

物件価値も右肩上がりばかりじゃないから、何とも言えないけど2ミリオン豪ドル(1.5億円)あれば計算上実現可能かな。

となると、そんなに非現実的な数字でもない気がしてきた!

でも日本の物件を全部売って、株も売ってまでやれるかな。。。グロスで4%にしかならないならやはり一部株の方が良いかも。

最低60歳までは下せないスーパー(Superannuation)にある資金もあるしな。

いろいろな考えが頭の中をぐるぐる。まあまずはできるだけ早く1戸ローンを完済してみよう。そのうちにオーストラリアで3戸目が買えるようになってくるはずだし。

結論 2ミリオン豪ドルぐらいあれば家賃収入生活が可能。

でも2ミリオンあれば不動産投資だけに頼らなくてもいいような…

株も半分ぐらいあった方が換金もしやすいし、週500ぐらいの配当がもらえるようなポートフォリオを組んだ方が良いかな。不動産も好きだけどなんだかんだ株も好きだから。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。