2019年2月末時点 金融資産残高 プラス200万!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかりブログを更新できていませんが、今月末の集計だけ載せておこうと思います。

2019年2月末時点 金融資産残高

今月末の金融資産は円ベースでは86,533,082円でした。

2019年1月末時点の金融資産は84,514,403円だったので、その差2,018,679円ということでなんと200万円以上もプラスになりました!

2019年1月末時点 金融資産残高

個人的にはうれしい結果です。

特に給料や家賃収入はいつもどおりだったので、毎日積立&気が向いたときに買い増ししていた株と投資信託の評価額が勝手に上がっただけ。

まあもっと株や投信を持っている人はもーっと上がったと思いますが、そこは他人と比べてもしょうがないので満足とします。

このまま毎月200万円増えていけば、年間2400万円増!(グフグフ)とか妄想しますがまあ、上がる月もあれば下がる月もあるので上がった月は素直に喜んで、下がった月はあまり気にしないようにしていきましょう。

1月末から2月末の指数の変化

1月末→2月末の数字です。

DOW 24999.67→25,916 +3.6%

Nikkei 20773.49→21,385.16 +2.9%

オーストラリア ASX 5937.30→6,233.60 +4.8%

JPY=X(USD)108.839→111.40

AUDJPY=X 79.149→79.076 

AUDUSD=X 0.7264→0.710

こう見ると金融資産を全部株に突っ込んでいたら良かったのに、と思いそうですが、まあビビリなのでなかなか現金比率が下げられていません。

純資産の方は?

金融資産は8650万円ということで順調に増えていますが、投資物件の不動産のローンも順調に返せているので純資産も増えていっています。

特にオーストラリアの物件でInterest only(利子のみ返済)していた物件を数ヶ月前からPrincipal & Interestに変更してPrincipal(元本)も返していっているので毎月の返済額は増えましたがちょっとずつ借金も減っていって、純資産は増えていっています。

アメリカのパーソナル・ファイナンスやFIREブログを読んでいると毎月返済した元本分を純粋に純資産として増やしていく計算をしている人が多いですが、物件の値下がりとか考えたらそれでいいのかな?と悩みます。

オーストラリアは元本分で計算、日本は返済した元本の半分ぐらいを純資産に計上するという考えでいいかな??

ざっくり過ぎますが。

みんなどうしてんの???と思いますがまあ、いいか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。