日本に逆移住?日本に転職の話が舞い込んできた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日今の仕事を辞めるかも、と書いた☆りあるママ☆です。

関連記事:強制セミリタイア生活に突入?危機なのかチャンスなのか

予定よりも少し早いリタイア生活ということで、まだ絶対にそうしよう!と踏ん切りはつけられていません。

新しい仕事の話が舞い込んだ

そんな中、新しい仕事の話が舞い込んできました。

詳しい条件は聞けていませんが、これまでの職歴を活かせる可能性が高いポジションです。

オーストラリアで今後就職活動をしても今より給料は下がりそうなので、思い切って日本への期間限定逆移住とかもちょっと考えてしまいます。

仕事の内容よりも真っ先に考えたのが日本での投資環境(笑)

いやー、これ楽しそう〜

って思っちゃいましたね。

ふるさと納税も優待生活もいつまでも続くものじゃないかもしれませんが、楽しめるうちに楽しんでおきたい!

日本の会社で働けるか

一方で仮にこの仕事が外資系だとしても、日本の会社で働けるのかという不安はあります。

日本の会社でもホワイトな職場環境はあるだろうし、オーストラリアのすべての職場が日本より楽というわけでは無いですが、一般的にはオーストラリアの方が働きやすい環境かなと思います。

オーストラリアはいい意味で、みんなさほど他人に期待していないから気楽なのですが、日本だとこれぐらいはやって当然という期待があって疲れます。

多分、私が外国人だったらそんなに期待されないのかもしれませんが、日本人同士だとどうしても一定のことは常識として期待されてしまうんですよね。

これは、私もその一人で日本人対する期待値と諸外国の人に対する期待値は違うのでよーくわかるんですけどね。

逆にオーストラリア人同士でもそういうことは多少あるのかもしれませんが、私は外国人ということでハナから期待されていないのもあって気楽です。

それを差別と感じるシチュエーションもあるのかもしれませんが、どう取るかはその人次第かな。

私は運がいいだけなのか、もしくは鈍いのか(たぶんこっち)外国人として暮らす生き方は自由で楽しい!

逆単身赴任もある?

逆単身赴任という言葉は適切じゃないかもしれませんが、日本で仕事をするために夫を残して子供としばらくの間だけ日本暮らしを楽しむなんていうのはありでしょうかね。

もしくはやっぱり子どもたちもおいて私だけ出稼ぎ?状態とかも検討する価値があるのかとかね。

さっさとセミリタイアしちゃえばいいのかもしれませんけどね。

ただ、そうするともう会社という組織で働くのももう一生無いかもと思うと最後にちょっと背伸びした職にチャレンジしてみたいかなーと思って。

やりたいことをやるっていうのはリタイア後に後悔しないためには必要かなとも思うから。

まあだけど子供はどんどん大きくなるし、どっちがいいんだろう〜

って、その仕事を別にオファーされたわけでも無いんだけどいろいろと考えちゃうなと思ったのでした。

 
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。