アーリーリタイアしたい20代30代の子育て世帯の人たちへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今年で45歳の☆りあるママ☆です。

まだ子どもたちは義務教育中ということで子育て中ではあります。

でも最近時間に余裕が出てきた!ということで、自分の20代、30代に知っておきたかったことを書いていきます。

1つ目 もっと休んでいい!

私が30代で悩んだことは子育てと仕事の両立。

子供が小さい頃、夫の仕事が終電で帰るというようなことが続いていました。

私は週4勤務だったし、週末は家事や育児をしてくれたけれど、私も毎日の保育園の送り迎えにかなり疲れてたなー。

その時は仕事を辞めて復帰できなくなるのがこわかったので、保育料を考えると収入は大したプラスにならなかったのに働いていたんですよね。

過去記事:子供の大学進学費用より保育園代の方がキツイ?

今思えばあの時、ゆっくり休んで本気で資産運用でも考えておけば良かった!

というか子供ができる前に本格的に不労所得で子育て大変期間を乗り切る計画をたてて実行しておけば良かった!

子供が小さいときはもう必死過ぎてそんなこと考える時間も余裕もないし、子供もいるし共働きで稼ぎを増やさないと!ってなると思います。

ホント、わかります。

自分もそうだったから。

将来も不安だから、とにかく働くことをやめたら次に戻れないのではって思うのもわかります。

でもね、大丈夫。

2つ目 大きい変化の方が意外とOK!

きっと、共働きであってもそうでなくても子供の個体差もあるし、子育ては大変ですよね。

あのころはホント余裕がなかったな。

そんな私と夫があのしんどい子育て期から抜け出せたのはオーストラリアに引っ越してから。

小さい子どもたちを連れて、無職で引っ越して来て最初の数ヶ月はホントに不安だったけどでもおかげで夫も私も残業無しで子どもたちと長く過ごせるようになりました。

日本での長時間労働で夫の収入8割と子育て制限アリの私の収入2割みたいなアンバランスな世界から抜け出して、夫と私がほぼおなじ収入になり、家事も育児も半々にするようになってからかなり安定しましたよ。

まず、ケンカが減りましたね。ホント余裕がないとお互いトゲトゲしくなっちゃいますからね。

多分これは私2割の仕事を辞めて専業主婦になる、ということでは解決しませんでした。(我が家の場合ですが)

ガラッと環境を変えた事により、お互い協力しないといけない状況になったのが良かったのかなと思っています。

海外に引っ越したら解決するって単純な話ではないですよ。

でも日本でよくある、ダンナさんだけが仕事を続けるために妻が家事育児をやるために妥協した仕事にしかつけないっていうのがフェアじゃないですよね。

それで夫婦が納得しているんなら全然問題ないんですけどね。

お互いがちょっと余裕がある状態に持っていくのが大事かな。

その間のお金は余裕のために払うのは全然アリです!

(我が家は引越し代と当面の無職生活でだいぶ貯金使いましたね)

3つ目 40代は楽しい

それと少し前にも書きましたが40代は楽しいです。

やっぱり20代、30代に想像していた40代はというと

「楽しそうにしている40代はあまり見ないし、若いうちに楽しまなくちゃ!」

って思っていましたが、全然40代も楽しいですよ!

Age is just a number(年齢は関係ない)って言いますが、ホントそう。

もうすぐ45歳 40代は楽しいと思う理由 3つ

決して20代、30代が楽しくなかったわけではなく、あの頃はいろいろと先が見えなさすぎて不安だったなーと思って。

子供がいたら何もできない!とも思っていましたが子供のおかげで、もう一回子供時代に戻ってやり残したことを一緒にやっているし、楽しいです。

未来は不安って思ってるかもしれないけど、焦らなくていいです。

伝えたいことまとめ

子育て中のお父さんお母さんは大変だから、無理せずもうちょっとがんばれるんだけどな、って言うぐらいでちょうどいいです。

もっといろいろとゆるく考えてOK!

どうにかなるし、仕事一旦辞めたらもう一生見つからないかもみたいに思う必要もないです。(特にママさんたちへ)

確かに私も出産前にしていたような給料がもらえる職業にはつけてはいませんが、そこそこでちょうどいいって思えるように自分が変わってきました。

最近気づきましたが、ホント子供が小学校に入るぐらいまでは働きに出なくても済むように家賃収入や配当収入が入る仕組みを作っておけばよかったです!

あの頃の私に教えてあげたい(笑)

いまさら過去の自分には教えられませんが、今の若い人たちにはそういうオプションがありますからね。

下手に労働で消耗するよりもお金の勉強をして、少額からでもお金に働いてもらえるようにしていって欲しいです。

そしてアーリーリタイアを目指すよりも、子供が小さいうちに一旦休んでまた働くのがオススメです。

定年より10年早くリタイアしても子供はもう遊んでくれないですからね。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。