シングルマザーになって月に25万円で暮らしていけるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアに住んでいる☆りあるママ☆です。

最近離婚を考えているという友人からちょこちょこと相談を受けることがありました。

オーストラリアでひとりで子育て

日本でも以前と比べるとシングルマザーやひとり親家庭はめずらしくなくなって来たと思いますが、オーストラリアのほうがかなり多い気がします。(確かに離婚率もオーストラリアのほうが日本より高い)

Divorce to marriage rate ratio [OC] [1332×610]

オーストラリアではSingle parentへの手当が厚いと聞くので、それも関係あるのかもしれません。

その友人によると小学生の子供3人いる知り合いが週に700ドルぐらい手当をもらっているという話を聞いたそうです。

週に700ドルというと月に換算すると3000ドル程度。

円換算すると25万円ほどになります。

これが高いのか、安いのかというと住んでいるところによって家賃が高ければ、微妙なところですね。

月額3000ドルで暮らしていくことは可能だろうけど、特別な支出があったりすると困ってしまうかもしれません。

旅行に行ったり、一時帰国するのもなかなか厳しそう。

日本でのひとり親手当はどうなのか?

ざっと調べてみたところ、日本の場合は市町村によっても違うのかもしれませんが、新宿区の場合ひとり親家庭に支給される児童扶養手当の額はこんな感じでした。

最大月額42,500円(こども一人の場合)

+10,040円(第二子加算額)

+6,020円 (第三子加算額)

というわけで、合計で58,560円ですね。

それとは別に児童手当ももらえるようなので小学生3人だと、一人目と二人目が1万円ずつ、3人目は1万5000円になります。

児童扶養手当と児童手当を合わせると93,560円。

他にもいろいろな制度があるのかもしれませんが、オーストラリアのほうが恵まれている気がしますよね?

もちろん、その方の詳しい状況は知らないのですべてのケースでオーストラリアが有利かどうかはわかりませんけどね。

日本でも働くことができずに生活保護を受けるというのであればもっと支給してもらえるとは思いますが、なかなかハードルが高そうです。

友人のチョイスはやはりオーストラリア

日本に帰りたいという気持ちもあるようですが、やはりオーストラリアに残ってシングルマザー生活をするほうが不安は少ないようです。

子どもたちの父親は日本人ではないので、ハーグ条約(一方の親の同意なく子どもを元の居住国から出国させることなど)のこともあるし、ハーフが珍しくもなんともないオーストラリアで過ごすほうが(大坂なおみさんのように?)「私は私」という感覚で暮らせていいのだそう。

経験がないので何のアドバイスもできない私ですが、もらえる手当の制度のこととかできるだけ調べて力になってあげたいなと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。