正解は探さない!私の「5:3:2:2」計画は進行中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアに家族移住した☆りあるママ☆です。

先日私のやりたいことをやってる!って人の記事を見つけたのでシェアしたところ、いろんな人が「いいね」を押してくれました。

あなたがちっとも幸せになれないのは「正解」ばかり探しているから

その記事は、ダイアモンドオンラインの本田直之さんの記事でした。

あなたがちっとも幸せになれないのは「正解」ばかり探しているから

本田直之さんはご存知のかたも多いでしょうが「レバレッジシリーズ」などのビジネス書をやノマドライフについても書かれている実業家さんです。

東京とハワイのデュアルライフを実践しているということで、私がやりたいことをやっていて単純にうらやましいです(笑)

今回の記事は何を捨て何を残すかで人生は決まるという本からの抜粋の記事ということです。(Kindle版も出ていないし残念ながら読んだことがないです。)

自分で決める数字

「5:3:2:2」

この数字はわたしの1年の過ごし方を表しています。5ヶ月ハワイ、3ヶ月東京で過ごし、2ヶ月を日本の地方、2ヶ月はヨーロッパやアジア、オセアニアなど、世界を旅しています。仕事と遊びと旅と生活の境目は年々曖昧になり、場所や時間に縛られず、仕事をしながら遊び、遊びながら仕事ができるライフスタイルに近づいています。

これを読んで、あーこれこれ!私がしたいのはこれなのよー!と思いました!

まさに前からなんども書いているひまわり生活です。

関連記事:住む国は選べる!日本以外で老後を過ごすオプションを作ろう

場所はハワイじゃなくてもいいし、日本は東京じゃなく地方都市がいいかな。

オーストラリアと日本とあともう1カ国中心になる国を見つけて3カ国を軸にしながらいろいろと旅をしたいです。

いつか!じゃなくて今すぐ始めたらいいのはわかっているけれど、とりあえず第一歩ということで来年はこんな感じで計画。

そのうち日本でもいいので2ヶ月ぐらい滞在できるようにして、日本国内でもまだ行ってないところがたくさんあるし、東アジアにも旅行したいな。

正解探しの足踏みはもったいない!

この記事の中で、勇気づけられた部分はここ。

海外で働きたいという目標を語った学生が10年後、それを実現しているかどうか。その差は本気で英語に取り組み、海外へ飛び出してしまったかどうかでしかありません。できた人は確かな答えなどわからないまま動き出し、できなかった人は「正解」を探して足踏みしているうち、タイミングを逃してしまいます。

私は20年以上前から海外で働きたいという目標を持っていました。

本気で英語に取り組んだかどうかはともかく、海外に飛び出した事によってそれは現実になっています。

思い描いていた理想とは多少違うこともあるけれど、でも少なくとも正解なんかわからない状態でも飛び出したおかげである程度の夢は叶っています。

ということは、今回の夢もきっと同じ。

デュアルライフなんてスゴイ人じゃなきゃ無理!とかできない理由を探すよりはできる理由にフォーカスしてちょっと踏み出せば、そのうち叶っていそうです!

ということで、世界の国のいいとこ取りライフ実現のためにまずは私でもできそう!ということから探して行きます!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。