海外移住、月10万円の生活費ってホントにできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアの永住権は持っていますが、一生住み続けると決めているわけでもない☆りあるママ☆です。

移住先としてのオーストラリア

オーストラリアも広いので一括りにすることはできませんが総合的には住みやすく、いいところだと思います。

都会もあり、自然もあり、先進国でもあるので生活水準の高い国です。

治安も悪くないし、移民の国なので人口の4分の1がオーストラリア国外生まれということもあって、いろんなバックグラウンドを持った人がいるおかげで日本生まれ日本育ちの私も問題なく暮らしていけています。

移住先としてオススメではあるもの月10万円ではやはり暮らすのはほぼ無理だと思います。

ただオーストラリアも広いのでよく聞くシドニー、メルボルン、パース、ブリスベン、ゴールドコーストなんかのメジャーな都市から離れて、自給自足みたいな生活をするのであれば不可能じゃないかもしれないですけどね。

あとは永住ビザの取得が年々難しくなって来ているので、年金などの収入が月額10万円程度しかない場合は取れるビザがなく、長期滞在自体が難しいです。

住んでみたい国はたくさん

オーストラリアにずっと住みたいかどうかわからない理由は、単に他の国にも住んでみたいからという理由です。

日本を出た理由もそうだけど、別に日本がイヤとかそういう理由はなく、ただ単に色んな所に住んでみたいという願望を実行した結果です。

過去にヨーロッパの国にも数か所住んだこともありますが、今はどんどん自分次第で住めそうな国が増えてきている気がします。

昔はアジアとか旅行ではいいけど住みたいなあとか思いませんでしたが、オーストラリアにはいろんなアジアの国の人がいるのである意味すごいアジアが凝縮されたような場所もあるので、今なら住めそうな気がします。

もちろんアジアの国自体もどんどん近代化して、住みやすくなってきているっていうのもありますよね。

そんな中でアジア都市の第二、第三の都市ならば住みやすく、月10万円もあれば暮らしていけると聞きます。

タイのチェンマイとかインドネシアのバンドンとか。

本当に10万円で暮らせるのか?

YESかNOかでいうとYESでしょう。

ただし誰でもいつでも可能というわけではないですね。

例えば子育て中の私ができるかというと難しいでしょうね。

どういう人ができるかというと、現地の人と同じような環境で暮らせる人はできると思うし、現地語ができなくても情報に恵まれれば可能じゃないかな。

それともう一つ大事なのは、短期的ならできる可能性は高いってこと。

でも、1年以上続けられるかというとなかなか厳しいですよね。

若くて元気ならやろうと思えばしばらくは暮らせると思います。

ただビザの問題もあるだろうし生活費が安いからって理由だけで何年も同じところに住み続けるってことは私は無理だな。

いろんな国を転々とするというのならまだありかもしれないですけどね。

月10万円で暮らしたいだけが理由なら

もし年金収入が毎月10万円しかなくお金に不安があるのであれば、それこそ日本が最適な気がします。

日本のどこでもってわけにはいかないかもしれないけれど、日本語で情報が入るし、自分次第でどうにでも安く暮らす工夫はできそうです。

同じ10万円を使うならよりリッチに暮らしたいという理由で海外移住を考える人もいるでしょうが、同じお金を払って受けられるサービスとか考えたら日本の暮らしはある意味リッチだと思うんだけどな〜

旅行者は別とすれば外国人だけ得する行政サービスなんて基本的にはどの国でもやっていないはずだから、それを考えると単に安く暮らしたいというだけなら日本のどこでどうやって暮らすかってことを考えればいいと思いますね。

まあ日本にいると親戚なんかのしがらみがあって自由にできないって人は、それだけでも海外に出てみる価値はあるんでしょうが。

私は1日1万円生活が目標

前にも書きましたが、セミリタイアをしたら1日1万円生活をしてみたいと思っているので月額30万円生活ぐらいかな。

セミリタイアしたら1日1万円生活をしてみたい

どこの国でもできるわけではないかもしれないですが、旅はなく長期滞在をする予定です。

ビザがもらえる不動産をヨーロッパに買ってそこに住むっていうのもありですね。

不動産購入で海外の永住権を得る方法

ヨーロッパでも東欧など比較的物価の安いところも一生住む!って気負わずにしばらく住んでみたいですね。

どんなところに住むにしても、年を重ねると医療制度が気になるので健康には気をつけないとだめだから、今から健康な体づくりを始めています!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。