4年前に書いた夢リストはどれだけ実現したか検証してみたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行のステートメントやらいろいろなものはペーパーレス化してきているとは言え、まだまだ紙でもらう書類はたくさんあります。

今日は朝から絶対に要らないと思うものだけは捨てましたが、いるかも??みたいなものはなかなか捨てられない紙類の整理が苦手な☆りあるママ☆です。

4年前の手帳に書かれた夢リストを発見

整理をしていたら見つけたのが2014年の手帳。

ちょことちょこと目標にしていることを書いていました。

恥ずかしいけれどちょっと振り返ってみよっかなってことで、思い切って検証してみます!

やりたいこと100個リストとかにしておけば検証しやすかったかもしれませんが、バラバラページにテキトーに書いてあるので、ちょっと100個中何個叶いました〜みたいな結果にできないのが残念です。

順不同で目についたものからリストアップ

  1. 株+不動産+αで生計
  2. 趣味でパートタイムの仕事
  3. ビジネスを持つ 店のオーナー
  4. 家事はアウトソース
  5. 健康である
  6. 日本とオーストラリアを自由に行き来する
  7. 英語をネイティブのように話す
  8. 豪華客船に乗る
  9. ヨーロッパ旅行
  10. キレイなママでいる
  11. 写真にきれいに映る
  12. 45歳までの4年で4000万円から1億円

12個の夢のうち何個叶ったか?

とりあえず12個ありました。さて、何個叶っているでしょうか?

実は現時点で完全に叶ったというのは実は12番目の45歳までの4年で4000万円から1億円だけかもしれないです。

なぜか?面白いことにいつまでにいくらって数字で指定しているのは12番目だけだったんですね。

残りはいつか、だいたいって言う程度にしか考えてなかったのかもしれません。

まあこの4000万円が4年で1億円っていうとすごい!ってなるかもしれないですがそれも事情ありですけどね。

関連記事:お金を増やしたいなら全部一箇所に集めてみる

当時の4000万円が1億円になったわけではなく、当時の自分名義の金融資産だけで考えて4000万円しかないって思っていたのが、夫との共有名義の資産を合わせて純資産で考えたら1億円ぐらいはあるって気づいただけの話なんですけど。

でも具体的な数字って大事。

だって5番目の健康であるっていう言うのもまあ叶っているといえば叶っているんですけどこの4年間で2回手術したってこともあり、それでも健康なんだけど、どういう基準だったかが明確じゃないからね。

夢の達成度を割合化してみると

  1. 株+不動産+αで生計 金額的には7−8割ぐらい達成済み?でも気持ちがまだ3割ぐらいしか準備でき
  2. 趣味でパートタイムの仕事 ちょこちょこと周りにパートタイムの仕事を探したいと伝え始めたけど、まだ1割ぐらい
  3. ビジネスを持つ 店のオーナー 不動産投資をビジネスとするならある意味叶ってるけど、4年前時点からやってたからそれ以外の何かを探してたんだろうな。そう思うと3割
  4. 家事はアウトソース 全然です(笑)でもミールキット宅配頼んだり、あとは半分(以上?)夫がやってくれてるからな。5割
  5. 健康である 手術は2回したけど健康です。体力がなくなってきてすぐ疲れる。8割
  6. 日本とオーストラリアを自由に行き来する 自由じゃないけど年に1−2回は行けてるから 5割
  7. 英語をネイティブのように話す ネイティブのようにはっていう目標は最近なくなった。7割ぐらいかな
  8. 豪華客船に乗る すでに予約したので年末までには達成できるはず 9割
  9. ヨーロッパ旅行 来年あたりに計画中でちらほらチェック でもまだ叶ってない。1割
  10. キレイなママでいる これほんと全然。でも子供が大きくなってきてすこーし自分時間が増えた 1割
  11. 写真にきれいに映る これも全然。 相変わらず写真うつりたくなくて避けまくってます。 0割。
  12. 45歳までの4年で4000万円から1億円 数字面だけで見れば10割!

ってことでかなり主観的なリストですが、まだほぼ道半ばですね。

夢は具体的にってことは知っていましたが、このリスト見たらかなりぼやーんっとした願望が多いですね。

2018年版夢リストを作ろうと思いますが、もっと細かい目標にして達成感を味わいたいです!

今年もあと3ヶ月半ほどですが、年の後半に色々な出来事が起きる可能性も大だからなんとなく過ごす日々をやめて、やりたかったことをどんどんやっていく日々にしていきます!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。