こんなに違う、オーストラリアの小中高の学費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアに住んでいる☆りあるママ☆です。

うちの子どもたちは公立の学校に通っているので学費は無料です。

公立の学校にかかる費用

州によってちょっとシステムが違うのですが、だいたい公立の学校の場合は日本で言うと幼稚園の年長から高校3年生までとなっています。

一番多くの州で採用されているのはこんな感じ。

7・6(4・2)制 :初等教育(Prep,Year1~6),中等教育(Year7~10),高等教育(Year11~12)

日本の6・3・3制(小、中、高)の制度とそんなにかけ離れてはいません。

義務教育はというとほとんどの州ではYear 1 からYear 10終了までとなっています。

ということで日本の義務教育は9年ですが、オーストラリアの場合は10年ですね。

日本の場合は義務教育期間の学費は無償ですが、オーストラリアの場合は公立の学校であれば7・6(4・2)制の13年は同様に無償です。

つまり最初の1年と最後の2年は義務教育じゃないけど無償ですよ、というわけです。

ビザによっては授業料が変わる

オーストラリア国籍保持者、永住権保持者以外の子は公立でも基本的には学費がかかります。

具体的な学費はというと州によっても違うしビザによっても違うのですが、親が大学院などで勉強している場合は子供の公立小学校の学費はかからない、などというところもあるようです。

ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなどのあるQLD州の観光ビザの場合

Fee Type Year Level 2018 2019
Application fee All year levels $253 (inc. GST) $262 (inc. GST)
Prep – Year 6 $262 (per week) $271 (per week)
Years 7 – 9 $269 (per week) $278 (per week)
Year 10 $283 (per week) $293 (per week)
Year 11 $321 (per week) $332 (per week)
Year 12 $329 (per week) $341 (per week)
Change of school fee All year levels $253 (inc. GST) $262 (inc. GST)

https://eqi.com.au/pdfs/trac-fee-structure-and-exemptions.pdf

こんな感じ。

ちょっと年単位と週単位で比べにくいですが、基本年間学校があるのは40週です。

小学生で比べてみたら合計GST(税込)10,840ドルってことですね。

メルボルンがあるVIC州はというと

Primary School $278

Junior Secondary School $369

Senior Secondary School $414
https://www.study.vic.gov.au/en/study-in-victoria/school-fees/Pages/default.aspx

ちなみにシドニーがあるNSW州の授業料は観光ビザの場合、1週間ごとの授業料はこんな感じですね。

School year 2018 & 2019 education fee for 1 week
Primary school (years KG-6) $300
Junior high school (years 7-10) $345
Senior high school (years 11-12) $380

ところが、永住ではない長期ビザの場合は半額以下ですね。

School year 2018 & 2019 education fee
for 1 year (40 school weeks)
Primary school (years KG-6) $5,200
Junior high school (years 7-10) $5,200
Senior high school (years 11-12) $6,200

ビザによってこれらの中間の額が細かく決まっています。

https://www.deinternational.nsw.edu.au/__data/assets/pdf_file/0013/16402/Education-fees-20180316-TRP.pdf

無償ってありがたい

これを見て思ったのは、義務教育だし公立だし学校がタダなのは当たり前って思っている人も多いかもしれませんが、実は学校にかかるお金って実費で払うとなると本当に高いですよね。

日本の場合は外国人児童であっても無償で通えるってスゴイと思うんだけど、

外国人の子供も、公立の小学校・中学校への入学を希望する場合は、日本人児童生徒と同様に無償で受け入れており、日本人と同一の教育を受ける機会を保障しています。

これって希望しない場合は学校には行かせなくていいのかな???

まあ観光ビザで親がオーストラリアに留学させたいっていう状況とは違うんだろうけど。

次はオーストラリアの私立小中高の学費を調べてみたいと思います。

関連記事:高っ!オーストラリアの小中高の学費ってこんなに高いんだ〜

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。