年間有給休暇は合計30日以上 目指すは5週間連続休暇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアで会社員をしている☆りあるママ☆です。

オーストラリアの基本年次有給休暇は20日

会社によって違うとは思いますがオーストラリアでは基本的にAnnual leave(アニュアルリーブ)と呼ばれる年次有給休暇を4週間分取ることができます。

ということでフルタイムで働いていれば4週間分休めます。

(パートタイムで週に20時間働いている人は20時間x4週分です。)

まあこれは日本と比べて特別にすごく良い待遇ってわけではないと思います。

以前勤めていた週4日勤務が基本の仕事のときでも年休は20日あったしね。

でも日本より待遇が良いな、ありがたいなと思うのは年休以外にPersonal LeaveやSick leave, Carer’s leaveと呼ばれる病気などの時に使える病気休暇があることですね。

これも有給で年に10日間付与されます。

使えるのは本人の病気に限らず家族の病気や通院にも使えます。突然の病気やケガだけでなく、予防のための検診などもOKです。(職場にもよるかもしれませんが)

というわけで、万が一の病気のために有給休暇を取っておく必要がなくなるというのがポイント。

祝日は少ないですが

日本は諸外国と比べて祝日が多いと言われますが、これはホントです。

オーストラリアの祝日は州によって違うけれど日本の半分ぐらいで8日しかありません。

でも私の場合は仕事でアジア全域を担当しているため、オーストラリアの祝日に出勤することもたまにあります。

その場合代わりの平日に2日休むことができることになっています。

目指すは5週間連続休暇!?

祝日と年休を合わせてクリスマスの時期に5週間ぐらい休む人もいます。となるとあとの11ヶ月ほどはあまり休めなくなりますが、病気になったらSick leaveを取ればいいし、そういう働き方もアリですよね。

私の場合は子どもたちの学校があるので年4回の合計12週間ほどのスクールホリデーに分散して使いたいのでまとめて5週間連続とかは当分難しそうです。

会社員をしていたら自由がないってところなのかもしれないですが、でも子供が学校に行っている間はどっちにしろ夏休みとか以外に5週間休むのは厳しそうかな。

でも多少であれば学校休ませて旅行もアリだと思っているので、一緒に行ってくれるうちに行きます!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。