オーストラリアで米国株投資 手数料は無料がうれしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアに住みつつ少しずつ米国株投資をしている☆りあるママ☆です。

オーストラリアで米国株

オーストラリアは人口が2500万ぐらいで、3億人以上いるアメリカと比べると人口も断然少ないし、マーケットも小さいです。

それにやはり日本人が日本株だけじゃイマイチ不安、みたいなのと同じ感覚でアメリカ株に投資したというのもあるみたいなんですよね。

アメリカにめちゃくちゃ依存しているわけでゃないけれど、米国系資本の企業も多いし間接的にでも米国に投資している人はオーストラリアにも多いです。

株式取引手数料無料のStake

私は米国株はちょこっとしか持っていませんが、Stake.com.auというブローカー(証券会社みたいなもん?)で買っています。

なんと、取引手数料無料(brokerage free)なんですよ。

ちょっとした制限はあって、豪ドルから米ドルに換える際にちょこっと手数料が上乗せされているらしいけど、それだけで大丈夫なの〜?

ありがたいですけどね。

 

あとは1回US50ドル以上から買えるので、例えば上の子が買ったインテル(INTC)ならば、今は55ドルぐらいなので1株から買えます。

1株20ドルのやつだと1株20ドルで指値して3株で60ドルとかにして買うか、あとは成り行きで良ければ50ドル分を買うことができます。

すべての銘柄を買えるわけではないのですが、株とETFと合わせて3000以上買えたら全然問題無いかと思うんですけどね。

要は為替がネック

これは日本で米国株やっている人もそうでしょうが、株のプラスだけでなく為替の要因で左右されちゃうところが難しいところですよね。

単純に米国に投資したいとなればUSDで直接買わなくてもローカルのETFなどでアメリカ関連に投資する方法はあるわけだしね。

だけど、Stakeはオンラインショッピングみたいに株を買えるっていうのをコンセプトにしていて単純に楽しいのでちょこっとの額であれば楽しんでやろうと思っています。

日本で言えば、ちょっとワンタップバイみたいな感じかな??(使ったことないけど)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。