海外不動産投資ってどうなの? オーストラリア編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアと日本で不動産投資物件を持っている☆りあるママ☆です。

日本とは全く違う不動産事情

我が家は現在賃貸。

もっと前に買っておけば良かったのかもしれませんが、一時は住宅ローンの金利が8%もあって、利子の額にばかり目が行ってとてもじゃないけど買えないと思ってしまったんですよね。

日本に暮らしていると40代前半ぐらいまでの人は大人になってから年々物価の上がる経験をまともにしたことがないんじゃないかな、と思うのでピンと来ないかもしれませんが、インフレってすごい。

こんなに金利があっても、それ以上に家の価値が上がるから15年前とかに買えていれば家を買うだけでかなりの純資産アップになっていたと思われます。

これだけで1人当たりの生涯賃金以上の額になる計算もあるらしいですよ。

日本人としてはこれだけ上がり続けたらバブル崩壊!としか思えなくて手も出せなかったのですが、未だにバブルは弾けてないですね…

中古市場が充実しているので、古い家もバンバン売れるし、中古でも値段は上がっていっています。

キャッシュフローよりキャピタルゲイン狙い

日本と比べるとローン金利も高いです。(4%ぐらい)

というわけでキャッシュで買わない限りはなかなか毎月の家賃収入からの手取りは少ないです。

逆に家賃収入をマイナスにして給与収入からの税金を減らすというネガティブギアリングという方法を取っている人も多いですね。

またこれについては別の機会に。

とにかく毎月のキャッシュフローよりも値上がりを期待するというマーケットってことでしょうか。

日本での経験があったことが我が家の場合は役に立っていると思いますが、逆に日本ではこうなのに、なんでオーストラリアは!?みたいなこともいっぱいあります。

オーストラリアの不動産については知識もまだまだないのでまだまだ勉強中なので、まあ参考程度にと思って書いてみました。

結局国内投資なわけだけど

オーストラリアに住んでいる私の場合、海外不動産投資ってわけではなく、結局国内投資なわけなので為替のリスクとかもありません。

残念ながらオーストラリアの物件は外国人投資家が手を出しにくい状況になってきているので参考にして実際に買おうってなる人は限られているでしょうしね。

でも世界を見渡せば投資先はいろいろあるってことです!直接不動産を買うのは大変だけど気になる国のREIT(不動産投資信託)を買うのは簡単な時代だしね。

REITを通してでも海外に自分の不動産があるってちょっとワクワクしませんか??

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。