アーリーリタイア可能な時期が半年以上延びてしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年までにFIRE(Financial Independence Retire Early)を目指している☆りあるママ☆です。

今すぐ仕事をやめたいわけじゃないけれど

まあ私が目指しているのはFI(経済的自由)の方でRE(早期退職)の方は幸い(?)1日でも早く仕事を辞めたい〜という状況にはなっていません。

が、いつでも辞められるっていうのと、ある一定の期間までは働いていないといけないというのは別の話。

最近の繁忙期でストレスはあったけど、上司に言いたいことを言えるのも会社に頼らずにやっていけそうな予感があるからこそ。

半年以上アーリーリタイアが延期になる理由

ピークの繁忙期がほぼ終わり、もう来年は繁忙期が来る前にリタイアもアリかな〜なんてチラリとよぎったりもしていました。

関連記事:セミリタイアへの一歩?会社を辞める月を決めました

そしたら、予定していた建設中の投資物件に異変が…

まあ詳細は書きませんが、当初の図面からの変更を余儀なくされて、総戸数の見直しがあったみたいです。

ってなわけで、最初に選んだ部屋とは別の部屋を選ばないといけないことに…

そのマッチングで我が家はある意味いいの???というぐらいのアップグレードをしてもらえらることになりそうなのですが、当初今年の末って聞いていたのが半年ぐらい遅れるかも…とのこと。

融資の関係で会社員は続けておかないと厳しいかなと思うのでそうなると、じゃあ辞めてやる〜という日が来てもローンの承認がおりるまではアーリーリタイアはなさそうです。

というわけで、あと1年は会社員としてボチボチやっていこうと思います!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。