5年間固定金利を選んだ新築アパート、6年目の金利は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株は下がっているので下がりきったらネタを書こうと思いますが、とりあえず6年に突入したアパートについて書いていこうと思います。

固定期間5年終了後はどうなる?

我が家は5年間の固定金利を選んでいました。変動も選べて確か若干固定金利よりは安かったという記憶なのですが、返済額が一定の方が安心ということで5年間の固定金利を選びました。

儲かってる?新築アパート投資5年後のいろいろ

あの時は5年後なんてまだまだだと思っていたのですが先日とうとうその日が来るということで、銀行から金利に関するお知らせがありました。

てっきり変動に変わりますというお知らせだと思っていたのですが、希望すればさらに5年固定金利が選べるという案内でした。

当初の予定通り変動で良ければ何も手続きは要りませんが、延長の場合は書類の提出と10,800円の手数料がかかるとのことでした。

意外だったのは変動金利のほうが低いと思っていたのですが、現時点では固定金利の方が0.125%低かったのです。

今後5年間の金利がこれからどうなるかはわかりませんが、とりあえず今回も計画を立てやすいので固定金利の延長をすることにしました。

ちなみにこれは毎月滞りなく返済した人だけが選べると書いていました。何らかの事情で支払いが滞ってしまう人ってどれぐらいいるんでしょうか。

もう少し交渉すれば金利も下げてもらえるのかもしれないのですが、転職で申し込みの時よりも年収が下がっていることを考えると強い交渉材料もないかなと思って特にお願いはしていません。

6年目の支払い

それとあっという間に5年経ったのですっかり忘れていましたが、火災保険が5年更新だったのでその支払いもありました。

この調子だとあっという間に10年経ちそうですが、また10年目には火災保険とは別に何らかの修繕費用が発生するはずなのでそれも考えておかないといけないですね。

5年を超えたので譲渡所得にかかる税率も39.63%(所得税30.63% 住民税 9%)から20.315%(所得税15.315% 住民税 5%)に下がるので売却というのも10年以内に考えるのもアリかもしれません。

悩ましいところですが、今はまとまったキャッシュが欲しいわけではなく、毎月の不労所得を増やしていっているところなのでよく考えないとですね。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。