ちょっと真似してみたい!子供の教育費を稼ぐ投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日チラリと書いた続きです。アラフォー子育て家計、月に1回の給料日だけで大丈夫?

直接本人から聞いたわけではないので、私の想像の部分がありますがおもしろい発想なので真似してみたいかもと思いました。

子供の留学先に一軒家を買う

オーストラリアに子供を留学させている中国系富裕層のお話です。

オーストラリアの不動産価格の上昇率は近年凄まじく、投資対象として中国系のお金持ちには人気があるようです。

投資だけでなく、家を買うことによって移住のきっかけにと考えているというようなこともあるようですね。

この中国系富裕層はオーストラリアの大学に子供を留学させ、5ベッドルームという広さの一軒家を買い、そこに住ませているとか。

留学させている子供は一人なので当然5ベッドルームなんて広すぎるのですが、おもしろいなと思ったのは空いている4つの部屋を貸し出してシェアハウスとして運用し、その収入で暮らすようにさせているとのこと。

だいたい相場で言えば一部屋10万円ぐらいにはなるとのことなので4部屋埋まれば40万もの収入になります。

ただ、その留学生もお金には困っていないのか、常に部屋は2つぐらい空いているらしいです。なんとももったいない…

留学生の学費は年間数百万円するらしいのでおそらく、2部屋埋まったぐらいでは生活費と学費の両方はカバーできなさそうだから学費は親が払っているんでしょうね。

その親がキャッシュで買ったのか、ローンで買っているのかはわかりませんがおそらく最低2億円ぐらいはする物件なのではという話なので誰でもすぐに真似できるような話ではないんですけどね。

私が真似してみたいと思ったポイント

一つ目 子供にシェアハウスの運営をさせてみる

これは私も海外在住中にやりました。おかげで自分の家賃は最低限にできたし、不動産投資のいい練習になったと思っています。

二つ目 海外に物件を投資するなら子供の留学先にする

留学させる予定も別にありませんが(笑)、海外不動産投資するならそこに家を思い切って買うっていう方法もアリかも、と思いました。もちろん投資物件として魅力的でなければ買いませんけどね。

三つ目 今保有しているアパートの近くの大学に行かせて管理人をさせる

これが有効なのかはわかりませんが、今保有しているアパート二棟(日本国内)のうちどちらかに住ませて家賃を浮かせつつ、管理人(掃除?)もやらせてみるっていうのも面白そうです。

ただ子供にやる気がなければお金を払ってプロに管理してもらったほうが断然いいでしょうし、税金計算とかもめんどくさそう…

だったらキャッシュで買った1Kの物件に住んでもらう方が親としては金銭的に楽かも。(ただしそのエリアに進学する可能性はほぼなさそうだけど)

現実は直前までわからないけれど

実際に子供がどういう進学先を選ぶかっていうのが何年も前からわかっているっていうなんてことはなかなかないと思うので、前もって一人暮らしの場所を投資物件として買っておくというのは現実的には難しいのかもしれません。

でも私がこの話がおもしろいな、と思ったのは毎月一定の額を仕送りとして渡すのではなく、自分で工夫の範囲次第で増やすことができる状況を与えてあげているところかな。

私だったら4部屋中2部屋で埋まってても生活に困らないみたいな甘い状況にはもちろんさせるつもりはありませんし、なんならそこから学費も払うようにいいますね。単にお金が無ければ時間を削ってバイト三昧っていう以外のお金の増やし方を学んで欲しいな。

わたしの目標としては子供の進学先が決まったころにポーンとキャッシュでシェアハウスでもアパートでも買えるだけお金を増やしておきます!

追記:同じように考えている人がいましたよ!

関連記事:4人の子供たちの学費を不動産投資でまかなうには

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。