生活費の10万円と投資での10万円は同じ扱いでいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年明けから2日で100万円評価額が上がったと書きましたが、そのまでの動きはなくても10万円ぐらいなら1日で動くことならよくあります。

10万円は大金か?

極端な節約はしていませんが、毎日無駄なものは買わないように日々暮らしてる中で、10万円が何の無駄遣いもしていないのに一瞬で消えてしまうと言うのは結構考えようによっては怖いことだなーと思います。

例えば月の生活費の予算が40万円だったとして一瞬で4分の1も消えてしまったら節約ではなかなか乗り越えられないレベルの出費です。

生活費として手元にある現金も証券口座にある評価額もどちらも同じ円だからこれを混同してしまうとちょっとした動きに一喜一憂してしまうから、メンタルが強くないとやっていけないですよね。

だからもちろん余裕資金でやらないとダメなんでしょうけど。

同じ円だけど別物に思える

私も一日の動きに一喜一憂しないようにはしているので、たとえ前日比数十万円プラスであろうがマイナスであろうが慌てて売買することありません。

私の場合は同じ円なんだけど、なぜか証券口座に入った途端別のものとして認識されている感じかな。

値下がりが100万円単位になってくると果たして落ち着いていられるかどうか自分でもまだ自信がないけど、そもそも日本株はまだ1500万円ほどしかないから大丈夫なのかもね。

1日で100万円であればいいけど、それが3日、4日と続くとやはり焦りもあるだろうけど、その時はわりと多めに今現金があるので、冷静に欲しかった銘柄を買い進めて行けばいいしね。

こう上がってばかりの相場だと現金で置いておくのが何もせずにもったいない!って感じてたけど、待機資金として活躍してくれていると思ったらほとんど利子がつかなくてもまあしょうがないかな。

プロのトレーダーはどう認識しているのか

何千万円とかっていう単位でトレードする人たちの頭の中はどうなっているんでしょうね。やっぱり画面に出てくる円と普段の自分の生活の円は別物という認識かな。

でも自分のお金と会社のお金となるとまあ別物という風には考えやすいかも。

個人投資家で専業トレーダーとなるとその儲けや損が生活費に直結しているだろうからどうやって区別しているんだろうな。

今日は目標より数千円多く儲かったからその分ちょっと豪華なランチを食べようっていうスタイルの人ももちろんいるだろうけど、逆に1日で何百万円とか動かしている人は儲かった分だけその日のうちにご褒美に使ってる人はいないだろうしね。

専業投資家でもやっぱりそこは別物として考えているのかなー
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。