平社員でも短時間で給料を上げてもらえるチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ2017年も終わりですね。私の勤める会社では1年間の自分の仕事っぷりを上司に評価してもらう時期が近づいて来ました。

パフォーマンスレビューって?

私の勤める会社の場合パフォーマンスレビュー(人事考査)と呼ばれるものが年末にあり、その査定によって翌年4月からの給料が決まります。

年初に具体的な目標のパーセントを渡されて、その達成度合いによって評価が変わります。

こういう数字の目標はだいたい各部署に7個つづつあって、それを1つ達成したら10%加算で、合計70パーセントの数字になるようになっています。

それ以外の30%は数字には出ないが、会社のために自分が貢献したことによって評価されます。

評価は5段階

詳しい割合はわかりませんが、評価は5段階にわかれています。5が一番いいです。

目標達成であれば真ん中の3というランク

1と5はほとんどない、と言われているのですが、1はもう会社としてはクビにしたいぐらいの評価だとか。

5は今の仕事じゃなくてもう一つ上の別の仕事ができるぐらい(昇格の可能性あり)

実際はほとんどの人が3だということで、かなりがんばらないと4はもらえないみたいです。

3の評価の中でも2に近い人と4に近い人ではかなり働きっぷりに差があるとは思うのですが、無難な3という評価になってしまうとの噂。

給料アップのためにパフォーマンスレビューの準備に時間をかける

4月からの給料はこの1-5で昇給率x会社の業績で決まるので、会社の業績が悪ければたとえ5でも大した昇給はありませんが、会社の業績が普通であったとしたら、このパフォーマンスレビューの結果は結構大事です。

各項目ごとに自己評価を書いて提出しないといけない、という準備があるのですが去年まではあまりこれを重視してなかったんですよね。

がんばっていたら上司が認めてくれるだろうって勝手に良いように解釈していました。

たしかにその都度がんばったことは評価はしてくれているかもしれませんが、1年間のことなのでいちいち部下のひとりひとりががんばったこと、なんて上司は覚えていられないんですよね。

だいたい自分でも忘れていることが多いですし。

いつも義務感でさらっと終わらせていたこの自己評価シートですが、今回は気合を入れていつもの3倍ぐらいの時間と気合で書こうと思っています。

まあそれで年収500万円の人の昇給率が1%上がれば5万円プラスですからね。

ボーナス(寸志というべきぐらいだけど)の査定もそのレートなので、もっとプラスです。

いつもより2時間多くかけて5万円以上もらえるんだったら準備してがんばる価値はありますよね。

普段からもちろんちゃんとそれなりにはがんばっていないとはダメだろうけど。

4に限りなく近い3をもらってもうれしくないので、4を取りにいきます

同じ時間会社にいるんだったら給料が多いほうが絶対いいもんね。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。