結構儲かってる?私の会社の持ち株会制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本株も米国株も好調なこともあり、勤め先の会社の株もここ2年ぐらい右肩上がりの☆りあるママ☆です。

従業員持株制度ってオトクな制度なのか?

私が今の会社の従業員持株制度を利用しはじめてだいたい2年ぐらいなので始めてから、どんどん株価が上がっていっています。

その割には給料はそんなに上がっていないんですけどね…

給料の何%を積み立てるかというのを設定しますが、私の場合は5%にしています。

毎月の給料から5%引かれて、3ヶ月毎に買い付けが行われています。

従業員ならではのメリットは実際の株価の15%オフで買えるということです。

なのでもし株価が一定だとしたら15%は得するということになります。

会社によっては1万円の積立に対して10%程度の奨励金をつけてくれて実質11000円分になるというところもあるみたいですね。

実際は株価が一定ってことはないし、マイナスもあり得るから投資と同じですけどね。

いいことばかりじゃないよね?

デメリットとしてよくあげられるのは会社の業績が悪くなると株価も給料も下がってしまうということです。

それはまあもちろん痛いところではありますが、資産のほとんどが自分の会社の株というわけでなければそれほどデメリットでもないと個人的には思っています。

あとは売買が頻繁にはできないことですね。

今上がっているから売りたい!とか安いから買いたい!と思ってもその日に売買できるわけではないので、まあこれも長期保持が基本でしょうね。

退職金にします。

持ち株の評価額を気にするようになってから、投資家目線で自分の会社を見ることができるようになったと思うので、会社のお偉いさんのコメントとかも気にするようになったし、おもしろいです。

結構大規模なリストラがあった時は、株価が急に上がりましたよ。

はじめて2年ほどなので、これからどうなるかはわかりませんが今のところ順調に増えています。一番安く買えていたときから株価は1.3倍以上になっていますからね。

しかも15%オフで買えていることを考えると1.6倍です。

あとは配当ももらっているのでもちろんさらにプラスです。

たった2年なんで、たまたま右肩上がりなだけかもしれないですけどね。

いつまで会社員をしているかわかりませんが、退職金はもらえないのでこれを退職金がわりと思って少しでも増やせたらいいなあと思っています。

関連記事:持ち株会からの配当は意外と高かった

 

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。