もう味わいたくない!貯金を切り崩して暮らす恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早いものでアラフォーで再就職してしばらく経ちますが仕事が決まるまでの給料ナシの約半年間は結構辛かった☆りあるママ☆です。

引っ越しのために夫とほぼ同時に仕事を辞めたので一時期はふたりとも無職!

もちろんその時点でも貯金はある程度はあったので、住むところにも食べるところにも困るというような状態ではありませんでした。

今思えば5000万円ぐらいはあったのかなと思います。(私が40歳の時に4000万円はあったし)

過去のブログ: 40歳子育てママの4000万円ポートフォリオ

でも子どもたちもいるし、不動産投資のローンもあるしどうすんの??って感じでしたね。

夫も前の仕事は激務だったので辞めて正解とは思っていましたが、次の仕事が見つかるまで貯金を切り崩して暮らしていたのですが、これが精神的には結構辛かったです。

本来ならば、仕事探し中といえどもかなり時間に余裕はあるわけで、普段できない旅行をしたり子どもたちとレジャーをしたり、新たな分野の勉強をしたりっていうことに当てることができるはずなのですが、それができないというかしても楽しめなかった。

貯金を切り崩しているので、ちょっとしたレジャーでもなんだか贅沢をしているようで心から楽しめないし、そうなると家で過ごす日々が続いていたのだけど、家の中ででも不安が先立って新しい行動ができなかったなあ。

例えば、同じ半年間無職でいるにしても半年後に必ず仕事がありますよっていう状況で仕事をしないのと、仕事が見つかるのが半年後なのか一年後なのかこれからずーっと見つからないのかってわからないままずっと暮らすのは全然違いますね。

まあそれでも思い切って引っ越して転職してよかったかなと思っています。

当時は不動産投資のローンが払えなくなったらどうしようなんて不安になっていましたが、家賃収入がローンの支払いよりも多いのでキャッシュフローとしてはプラスだったので、それを月収と思えば実はその半年間貯金を切り崩していただけではなかったんですよね。

あのときはそれがいまいち見えていなくて、貯金だけがどんどん減っていくようでその時はいくら使ったかを直視したくないためにお金の計算をしていませんでした…

実際のお金の増減よりは、恐怖感に負けていた感じですね。

もし次に転職することがあったとしても、半年や1年ぐらいなら人生の中でリタイア期間があっても全然いいと思うので次はその間を不安で押しつぶされないようにするために不労所得を増やしておきます。

これから2年に1戸ずつぐらい増やしていけばそのうち生活費<不労所得になるはずなのでね。

がんばります。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。