もし夫が投資に反対だったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の場合投資に積極的なのは妻の私の方ですが、もし夫が投資に反対だったらどうでしょう?

我が家の夫はどちらかといえば賛成派でした

特に不動産投資に関してですが、我が家の場合やりたいと言い出したのは私ですが、夫がさほど反対しなかったのである程度規模大きくすることができるようになったと思っています。

1つ目の地方の区分物件は現金で買ったのでローンを組む必要もなかったので保証人等も必要ありませんでしたが、相談できる人がいるってすごく大事なことだなと今になって思います。

一人で決めて一人でいろいろと進めようとするとそれがすごくリスキーなことでも誰も止めてくれないわけだしね。

しかも周りにはなかなか不動産投資したいんだけどどう思う?って相談できる友人もいなかったので夫がいてくれて良かったです。

それに新築アパートの融資を受けたときの夫の仕事は結構給料も良く、大手企業だったので融資が受けやすかったと思っています。

まあ激務だったからこそ高給だったのだと思うので、今は給料はソコソコという感じですが残業がほとんどない会社なので色々と気持ちにゆとりが持てています。

夫(または妻)の協力は必須か?

子育てアラフォーママはまだまだ夫にナイショで家賃収入1億円突破!

などのメガ大家さんになった著者の内本智子さんの場合は夫が反対して保証人にもなってくれなかった中で成功されているので、夫または妻が協力的じゃないからやらないっていうのはまあ言い訳になっちゃうかもしれないですね。

もちろん夫婦で相乗効果でうまくいっている例もあります。私も買ったこの本。

世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法 

良いパートナーがいれば心強いです。

夫(または妻)を説得するには?

協力はしてくれないけど、好きにすればっていうぐらいの態度ならいいですが大反対となると厳しいかもしれないですけどね。

こういうときってお互いが絶対に私は正しいんだって思っていそうなので、自分の主張をストレートに言ってもケンカになるだけだと思います。

理解してもらうにはまず第三者の成功事例をそれとなーく相手に知ってもらうっていうことが大事なんでしょうね。

我が家の場合は夫婦で共通のブログを読んでいてそのブログを書いている方の趣味の一つが不動産投資だったのです。

そもそも不動産投資専門ブログだったら私も夫も読んでいなかったと思うので、別の興味から入ったブログで不動産投資の面白さを知ることができました。

なのでズバリそのもの専門の本やブログを読めっていうよりは別の興味のカテゴリプラス投資みたいなものがとっつきやすいかもしれません。

富裕層は1億円以上の金融資産がある”世帯”という区切りらしいのでやはり自分一人が頑張るよりは家族の協力がある方が達成しやすいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。