株と不動産投資どっちが儲かるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資といってもいろいろとありますが、いったいどれが儲かるのでしょうか。

投資の種類はいろいろあるので細かく分けていけばかなりの数になるかと思います。

でも私の資産運用においての分類では大きくわけて

証券会社などの金融機関系で扱っているもの

それ以外

に分けて考えています。

金融系としては株式、FX、投資信託などですね。金なども現物で持っているわけではないので金融系として考えています。

それ以外としては不動産投資

評価額が毎日数字で表されるわけではないっていうのと、入居者がいてその方の家賃をいただいて収入になっているというのが違うポイントでしょうか。

ただ、実際に物件の管理を自分でしているわけではないので入居者さんと顔を合わせたことも無いですけどね。

世の中には株だけ、FXだけ、不動産だけみたいな投資家もいれば私のようなどちらもやっている人も多いです。

どっちが儲かるのか?と言われたら

人それぞれ

っていう身も蓋も無い回答になるのですが、私の場合は不動産投資かなと思っています。

手間がかからない&安定している

これが理由です。持っている物件のメインが新築アパートというのでメンテナンスがさほどかからないというのが理由だとは思うので、今後古くなっていったらいろいろとあるのかもしれませんが、今のところありがたいぐらい手間はかかっていません。

なんでみんなやらないの?って言うぐらい

一方株とFXはすでに過去に塩漬けになっていたものを恐怖で下がりきってから売ってしまうって言うような失敗をしているのでなんだか難しいイメージが払拭できないのかもしれません。

でも、やっぱり不動産が安定している理由は数千万円元手で払っているからかな

株も数千万円レベルで持つようになれば1点買いとかしていなければバランスが取れて劇的に下がって失敗っていうことは無かったのかもしれないです。

不動産はローンを完済するか売却するまでは完全にその投資が成功だったのか失敗だったのかはわかりませんが、今のところは順調です。

でも株も好きだからどっちかだけに絞るのは私はもったいないと思っています。

人それぞれ、ですがある程度まとまったお金がある会社員なら手のかからない新しめの物件での不動産投資はいいと思いますよ

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。