定年女子 いろいろと考えさせられます 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定年女子って言うドラマが面白いらしい、と聞いて早速全8話のうち7話まで一気に見た☆りあるママ☆です。今週で最終回!

どんなストーリーかというと、

大手商社で部長を務める麻子は53歳。仕事は順調だったが、突然役職定年を言い渡され平社員として別の部署に異動することになる…

こんな感じでまさに私よりちょうど10歳上の主人公を中心に大学の同級生でキャビンアテンダントの友人、共働き主婦の友人、校長先生を目指す母親と二人暮らしの友人を中心に話が進みます。

主人公とキャビンアテンダントの友人は53歳で仕事を辞める決意をするのですが、結局は時間がありすぎる&誰からも必要とされない生活に嫌気がさしてまた仕事を始めます。

やっぱり50代だとまだまだ現役で働けますもんね。もちろん自分のために何かしたいし、誰かの約にも立ちたいと言う気持ちもあります。

確かに一般的には50歳までずーっと同じ会社で30年間も働き続けて来た会社を(特にドラマの様にそれなりの大手企業)を辞めるっていうのは大きな決断だと思います。これは性別はあまり関係ないですよね。

私は転職を何回もしているし、今の会社もそもそも退職金っていう制度もないので別に定年まで働き続けようっていう気は今のところはありません。

ブログのタイトル通りのあと5年で(実質もう4年半ぐらいしか残っていませんが)一区切りをつけてセミリタイアを考えています。

ただ単に働く時間を減らすだけでパートで時給何円っていうのではなく、自分の好きなことで稼げるようになっていたいですね。

定年女子の原案の本があるとのことで調べてみたら、こちらでした

定年女子 これからの仕事、生活、やりたいこと

でも同じく「定年女子」のキーワードで出てきたこっちの本の方が気になります!!

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

とりあえずKindle版のサンプルをダウンロードしてみましたが面白そうなので実際に書店で手にとってみたいと思います。

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。