子供の学費VS投資資金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ子育て中の☆りあるママ☆です。今日は子どもたちの学費について今考えていることを書いていこうと思います。

子供の教育費でぐっとお金がかかるのは大学の学費。

絶対に大学にいかなくてはいけないということはありませんが、行きたい!って言われたときにあわてないぐらいの費用は用意しておきたいと思っています。

ざっと調べてみた数字はこんな感じでした。

日本の国公立の大学だと242万5,200円

私立文系の平均は4年合計:385万9,543円

私立理系の平均は4年合計:521万7,624円

医歯学部系は6年合計:2,245万682円

自宅から通うか、一人暮らしなのかにもよって変わってくるとは思いますが、ざっくり今考えているのは高校卒業時に子供一人につき500万円を用意しようと思っています。

全額まとめて渡すかどうかはわかりませんが、大学に行きたいなら学費にすればいいし、不動産投資をしたいと言えばそれもありだなと思うようになりました。

あと数年後の話なので500万円で買える物件が今と同じかはわかりませんが、私達夫婦が初めて買った地方都市の1Kの物件だったら余裕で買える額です。

株やFXだったら500万円ぐらいあっという間になくなってしまいそうなので簡単には売買できない不動産投資でお金に働いてもらうっていうことを知ってもらいたいなという気持ちがあります。

もちろん自分でも働くっていう前提ですけどね。

日本では今後もしばらくの間は大学は出ておいたほうが無難だとは思いますが、別に日本にこだわる必要もないし、社会人になってから大学に行ってもいいわけですからね。

子供のやりたいこと、性格にもよりますが一人500万円って決めて残しておけばあとはバイトでも奨学金でも自分でなんとか切り開いていって欲しいです。

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。