金融資産7500万円までの道のりはあくまでコツコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年で100万円を1億円にした!とかそういうブログや本とかはぱっと目を引きます。別にウソ書いているわけではないと思いますが、それだけ短期間ではやはり他の人が試しても再現性は低いなあと思います。

でもある程度年月をかければ1億円は夢の数字ではないと思っています。

実際に私も宝くじを当てたとか、会社からボーナスをどーんともらったとかそういう経験はありません。未公開株がどかんと上がったっていうのもないし、ビジネスでうまく行ったとかそういうのではありません。

じゃあどうやって増えたのか?というのはほんと面白くもなんともないと思うのですが、

給料から先取り貯金

コツコツと投資(投資信託、個別株、外貨)

まとまったら不動産投資

家賃収入と給料から先取り貯金

コツコツと投資(投資信託、個別株、外貨)

まとまったら不動産投資

こんなサイクルです。

華やかさはないですが、まあ誰にでもできると思うので夢はあると思います。

例えば共働きで片方の収入で暮らして片方の収入は先取り貯金&投資をしていくとします。

30歳で結婚した夫婦がそれぞれ結婚までに500万円ずつ貯めていたとしたら1000万円。

30歳から60歳まで30年働くとして夫婦どちらかの給料を使わずにいたら月額25万x12=300万円(この月額はあくまでも30年の平均なので、多い年があれば少ない年もあるはずです)

300万円が30年で9000万円なので60歳には合わせると1億円になります。

利子&投資がなくてもね。

これに利子&投資で増やすことができれば60歳まで待つ必要もなく1億円達成できます

まあ、うちの場合はもっと山あり谷ありだったので、夫は結婚前に100万円ぐらいしか貯金も無かったし、私も出産後は収入がほとんど無かったりしましたけどね。

それでもコツコツと毎月の先取りをしていたら金融資産7500万円、不動産投資物件も入れたら純資産1億円超にはなりました。

特別なことをしている意識はないので再現性があると思うんですけど、意外と小さくコツコツが苦手な人が多いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

こちらの記事も読まれています



コメント

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。