人生は短い!Eat dessert firstという生き方

LIFE IS SHORT. EAT DESSERT FIRST.

ついに2020年になりました。小学生ぐらいだった自分からすると2020年ってとんでもない未来みたいな気がしてましたが、あっという間でした。

さて、そんな2020年の目標というかテーマ。

LIFE IS SHORT. EAT DESSERT FIRST.

人生は短い。だからデザートは先に食べちゃえ

この言葉を見たとき、そうそう、ほんとそう!って思ったんですよね。

解釈は人それぞれかもしれませんが、私が得たメッセージはこんな感じ。

私の両親の世代は定年退職するまではしっかり働いて、退職金をもらってお楽しみはそのあと!ってことでやりたいことを老後まで我慢している人が多かったですよね。

でも、私はそこまで待てないんです。

旅行に行きたい人は今行けばいいし、習い事がやりたい人は今始めればいい。住みたい地域や国があればそこに引っ越していいんです。

それでお金が足りなくなれば、数年分余計に働けばいいしね。

イメージ的にはこんな感じで、人生のデザート期間を先取りです。

簡単にするために5年区切りにしましたが、デザート期間は半年でも数か月でもいいと思っています。

いわゆるテンポラリーリタイア、ミニリタイアですね。

過去記事:自分にあったリタイアはどれ?いろんなリタイアのタイプ5つ

大事にとっておいた宝物の価値がなくなった時

私が今でも覚えているのは小学校高学年の時に読んでいたまんが、りぼんとなかよしのふろくをめちゃめちゃ大事にしまっておいたんです。

便せんとか、シールとか小物入れとか。

いつか使い時が来たら使いたい、それまでは大事にとっておこうって、バインダー(これもふろく)に入れておきました。

そして、中学2年生ぐらいで気づくんですよね、これもうダサいし、今さら使いたくないって…

その後しばらくとっておきましたが結局捨てました。

あの我慢していた時はなんだったんだろうなって。

だから、今うちの子が大胆にシールとか貼りまくってるのをみるとなんかうらやましい(笑)

デザートは人それぞれ

リタイア=デザートってわけではないです。

人それぞれで、いつかはやってみたいことがあると思います。

私はそのいつかをずっと後回しにしてきた気がするので、ここらへんでデザートを食べたいと思います!

 

経済的自由を達成した人の話を聞いてきた 第二弾

「成功している人に会ったり、話を聞いたりするだけでは何も変わらない」とはわかっていますが、やはりチャンスがあれば経済的自由(FI)を達成している人の話は聞きたい!ってことで久しぶりにオーストラリアのFIREイベントに行ってきました!

(第一弾は去年の10月です)関連記事;40歳までにリタイア!経済的自由を達成した人の話を聞いてきた 続きを読む

30歳までに1500万円を貯めれば60歳で1億5000万円に!の世界

日本とオーストラリアを行ったりきたりして、在豪期間がトータル10年ちょいの☆りあるママ☆です。

セミリタイアとかFIREとかそういう記事ばかり読んでいいるのでオーストラリアの年金のシステムにもある程度詳しくなりました。

こういう年金制度などはオーストラリアで生まれ育ったとか、人生の半分はオーストラリアで過しているって人が必ずしも詳しいわけではなく、自分の身近に起きるか興味を持って調べない限りはなかなか難しく感じるのではないでしょうか。

続きを読む