2020年末の資産状況

2020年も残りわずか。

とは言え2020年11月のように急上昇もあれば急降下もあり得るんだけど、書きたいときに残しておこう!

過去記事:2019年末純資産はこんな感じ 昨年末からこんなにプラスに

ここから約1年、2020年はほんと私だけじゃないとは思うけどアップダウンの激しい年でした。

  2020年1月 2020/12/28 変化
Nikkei 225 23,204.86 26,854.03 115.73%
ASX all ordinaries 6,690.6 6,664.8 99.61%
US S&P 500 3,257.85 3,703.06 113.67%
AUD JPY 76.31 78.74 103.18%
USD JPY 108.72 103.43 95.13%
AUD USD 0.70 0.76 108.57%

個人資産のざっくり過ぎる振り返り

下がったときにうまく買い増しできた人は今年はすごく儲けられるチャンスだったと思うけれど、私は少しずつしか買いましができなかったので、特に投資の成績は良くなかったです。

でも狼狽売りとかもなかったし、嵐がおさまるまで割と平常心で過ごせた+入金もしたので結果今年の純資産は去年からちょうど1000万プラスぐらいです。

ローンを順調に返せたので(まだまだ借りまくってるけど)不動産分の評価も上がっています。

今年は前半なんちゃってセミリタイアで無職で過ごした&夫の仕事もコロナの影響で半年間ぐらいは給料が6割だったので、給与収入はかなり少なかった割にはよかったかな。

去年に設定した目標は年間AUDで100K(=750万から800万円)増やすことだったので、一応達成です。

今年47歳になったのであと3年弱の40代のうちに2M(ミリオン)1億6千万円達成できたらそこからは不労所得で十分やっていけるかなと思ってます。あと275Kほどなので年間AUD100K行ければOK.

焦らずに行きます。

オーストラリアで家賃収入生活

昨日何気なくつぶやいたこの妄想にいろいろと反応を頂いたので、妄想で終わらせないようにもう少し深く考えてみたほぼ自分用メモです。

続きを読む

ハードル低め、Coast FIREのススメ

久々のブログ更新です。

体裁とか整えようとするとすぐ挫折するのでサクッと書きます。

FIRE流行りすぎ!

勝手なものでもっとFIRE(のFIの部分、Financial Independence)が広まれって思ってた3年前。

過去記事:43歳、経済的自由はすぐそこに

あっという間に流行って、ちょっとおなかいっぱいレベルだったりもします。

一時的な流行りはすぐに去ってしまうと思うので、細く長く当たり前の選択肢の一つとして広まってもらいたいなと勝手に思っています。

要は極端な節約生活だけがフォーカスされてそんなの無理って思う人が増えませんように。

ゆるいFIRE、Coast FIREを目指そう

というわけで、私が今実行中なのはCoast FIRE

過去記事:経済的自由のレベル4.5 Coast FIREって何?

簡単に言うと自分が完全リタイアしたいときに(例えば60歳とか)に1億円あればいいと思っているならば、30歳の時点で3083万円あって、それを4%で運用出来たら計算上1億円になるってこと。

もちろん税金もあるし、インフレも考えなきゃだし、30歳で3000万円もってないよっていう人もいるでしょう。

そもそも60歳で1億円もいるのかっていうのも疑問ですけどね。

1億達成したら会社辞めようって思ってる人がいたら、止めはしないけどそこまで極端に今無理する必要はないかもよ、とは言いたいですね。

60歳で持っておきたい数字から逆算して、30歳、40歳の時にいくらあればいいのかを目標にしてそれを達成すれば、大金を貯めこみ続けなくても大丈夫。

あとは毎年の生活費分だけ稼げればOK.

貯蓄率30%とか50%とか何も考えずに0%で使い切ってOK.

欲しいものや趣味に使いたければその分だけ追加で稼げばOK.

そうなるとかなり楽になりませんか?

稼いだら稼いだ分だけおこづかいが増えると思ったら働くのも楽しくなります。

うまくまとめようとすると下書きで終わっちゃう気がするので、今日はこの辺で。

 

人生は短い!Eat dessert firstという生き方

LIFE IS SHORT. EAT DESSERT FIRST.

ついに2020年になりました。小学生ぐらいだった自分からすると2020年ってとんでもない未来みたいな気がしてましたが、あっという間でした。

さて、そんな2020年の目標というかテーマ。

LIFE IS SHORT. EAT DESSERT FIRST.

人生は短い。だからデザートは先に食べちゃえ

この言葉を見たとき、そうそう、ほんとそう!って思ったんですよね。

解釈は人それぞれかもしれませんが、私が得たメッセージはこんな感じ。

私の両親の世代は定年退職するまではしっかり働いて、退職金をもらってお楽しみはそのあと!ってことでやりたいことを老後まで我慢している人が多かったですよね。

でも、私はそこまで待てないんです。

旅行に行きたい人は今行けばいいし、習い事がやりたい人は今始めればいい。住みたい地域や国があればそこに引っ越していいんです。

それでお金が足りなくなれば、数年分余計に働けばいいしね。

イメージ的にはこんな感じで、人生のデザート期間を先取りです。

簡単にするために5年区切りにしましたが、デザート期間は半年でも数か月でもいいと思っています。

いわゆるテンポラリーリタイア、ミニリタイアですね。

過去記事:自分にあったリタイアはどれ?いろんなリタイアのタイプ5つ

大事にとっておいた宝物の価値がなくなった時

私が今でも覚えているのは小学校高学年の時に読んでいたまんが、りぼんとなかよしのふろくをめちゃめちゃ大事にしまっておいたんです。

便せんとか、シールとか小物入れとか。

いつか使い時が来たら使いたい、それまでは大事にとっておこうって、バインダー(これもふろく)に入れておきました。

そして、中学2年生ぐらいで気づくんですよね、これもうダサいし、今さら使いたくないって…

その後しばらくとっておきましたが結局捨てました。

あの我慢していた時はなんだったんだろうなって。

だから、今うちの子が大胆にシールとか貼りまくってるのをみるとなんかうらやましい(笑)

デザートは人それぞれ

リタイア=デザートってわけではないです。

人それぞれで、いつかはやってみたいことがあると思います。

私はそのいつかをずっと後回しにしてきた気がするので、ここらへんでデザートを食べたいと思います!